香川県の賃貸

Big Image

香川県といって思いつくものは何でしょう。本州の、特に関東の人から見ると四国は四つの県があるのですが、結構区別しにくいということもあるような気がします。その中でも四国というと、どうしても本州の人にとっては高知県が出てきてしまいます。それは歴史的に表舞台に出てくるのが、四国では高知県であるということなのでしょう。

高知県と今は言っていますが、その昔は土佐と呼ばれ、薩長土肥の一角を占めていました。その中心的人物になったのが山内容堂候であり、あの坂本龍馬なのです。何故香川県が表に出てこないかというと、今の香川県の多くが幕府の天領に当たっていたからのようです。

然し更に歴史を遡ると、香川県は歴史の表舞台に出てきます。それが源平合戦の中でも有名な屋島の戦いです。屋島というのは、現在の香川県高松市にあり、そこで平氏は決定的な敗北を喫することとなり、やがて壇ノ浦で滅んでしまいます。その平氏の棟梁、平清盛と戦った崇徳上皇が流罪となったのも、この香川県に当たる讃岐の地でした。